忍者ブログ
どこまでも不思議はつづく。。。
カテゴリー
* ご挨拶(2) * つぶやき(203) * ラン(225) * お仕事(42) * からだ(39) * 写真(14) * お料理(12) * まぁち(74) * 未選択(1)
  最新記事
  プロフィール
HN:
はこ
性別:
非公開
カレンダー
05 2017/06 07
3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30
[574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564]
2007/12/24 (Mon)
私が子供の頃。
そーだなー、幼稚園くらいか。
小学校の低学年くらいか。
クリスマスの思い出。
今みたいに派手な演出は
なかったけれど

親からのプレゼントはあった。
サンタさんがいるとはその頃から
信じていなかった。っーか
サンタさんがなんなのか
理解していなかったよーな。

ただプレゼントをもらえるってこと
理解していた。

特に親はクリスチャンでもないし
なぜクリスマスにプレゼントが
もらえるかも今はわからない。
そんな雰囲気がしたと言うことかな。

* * * * * *
姉弟で枕を並べて寝ていた。
いつ、プレゼントが枕元に
置かれるのかワクワクしていた。
でも、待ちくたびれて眠る。

翌朝、枕元には本が置かれていた。
うちの親は本が一番のプレゼントと
思っている傾向があった。
私も本を読むのは好きだったし
本のプレゼントはアタリマエとも
思っていた傾向があった。(笑)

ギリシャ神話とか、ニホンの神話とか
本屋さんが知り合いということも
あったのかもしれないけど
本当に本をよく買ってくれる
親でした。
今ではゲームがプレゼントの主流
なのかな。

PR
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *