忍者ブログ
どこまでも不思議はつづく。。。
カテゴリー
* ご挨拶(2) * つぶやき(204) * ラン(227) * お仕事(42) * からだ(39) * 写真(14) * お料理(12) * まぁち(74) * 未選択(1)
  最新記事
(07/20)
(07/04)
(06/30)
(06/23)
(06/17)
(06/07)
(06/02)
(06/01)
(05/28)
(05/26)
  プロフィール
HN:
はこ
性別:
非公開
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2017/11/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/20 (Thu)

中々更新できず。(笑)

「かつて通った場所」の前置きが
長すぎた。

それは何か。。

それは、走れていた頃に通っていた
織田フィールドで、練習後にラン仲間と
集った場所が代々木公園駅近くの
居酒屋、「養老の滝」だった。

この養老の瀧は閉店したけれど
今も養老の滝は残っているらしい。

織田フィールドに集まる仲間は
かなり走りに本格的で、意識の高い
メンバーが多かった。
私の走りに関する刺激的な場所だった。
PR
2017/07/04 (Tue)
先週末、屋久島に住む友人から
上京するので、会えるかと連絡があった。

メールでなく、電話と言うことは
急を要していたようだ。

しかし、こんな日に限ってスマホを
自宅に置き忘れて、外出していた。
帰宅して確認したのが遅かったので
翌日に連絡した。

それによると、上京して行きたいお店があり
それが、予約いっぱいでキャンセルが
その翌日にあるので、行かないかということだった。

こんなに急な話は、私がメインのお誘いではないのだと
わかる。あてにしていた誰かが都合が悪かったのだ。

自由人だなと感ずる。

東京から屋久島に移住して20年だという。
東京に親族もいる。今回も上京は
法事が目的と言うことだ。

私もも今はサンデー毎日。
けれど、急で戸惑う。

つづく


2017/06/30 (Fri)
人生は行かないものと
気づいたのは、いつだっただろう。

挫折感を味わったのは。。
小学校6年生で、中学受験に失敗したときかな。
当時の中学受験では、上級とされていた学校だった。

小さい頃はある程度の素養があれば
成績は上がっていく。
好きな教科もあるし。

しかし、今思うと私はそれほどの
能力はなかったように感ずる。
成績も悪くはなかったけれど
むき出しな物もなかった。

何故か、父は私に期待していて
小さい頃からマンツーマンで鍛えられた。
この、ドリルを終わらなければ
遊ぶこともかなわなかった。

しかし、小ずるい私はしたふりをしていたかも。
私には本当は何の才能もなかったのだとおもふ。

ただ、このときに教えられた基礎は
人生を今まで生きる上での礎にはなったか。
2017/06/23 (Fri)
小林麻央さんが、昨日亡くなられた。
ステージ4の乳がんで闘病していて
海老蔵さんが公表されてから、
麻央さんのブログも拝見していた。

同じ乳がん患者として、ステージは違っても
告げられたときの思いは、同じかも知れない。

運命などとくくられたくはなかったはず。
希望は持ち続けていたはず。
それだけの家族の愛が、身にしみていたはず。
しかし、悲しい。

なんで私がって。悔しいよね。

幸いに私はまだ生きられるらしい。
しかし、私の生きることってかなりだらだら。

今日は、麻央さんの冥福を祈ります。







2017/06/17 (Sat)
昨年、父の17回忌を終えた。
6月9日に亡くなったので、ちょうど1年前かな。

亡くなった年を一年と数えるらしい。

母は91歳を4日に迎えた。
父とは9歳離れている。
父は生きていれば100歳か(^_^;)

この間いろいろあったが
実家の土地を売り
結局、母は私と暮らすようになり
下肢の閉塞性動脈硬化症
簡単に言えば、下肢の血管が詰まってしまう
そのため足の先端が腐っていく。

左の足は、親指を切断。
右足は親指切断。この3月には人差し指を切断。
治りが悪く今も入院中。
長くは入院できないので、次はまた別の病院に転院かも。

心臓の方は、ペースメーカーつけているので
不死身だ。
もう歩けないし、立つのも大変っーか無理かも。

介護者は私一人になってしまった。
姉弟が多くてもこんなものだ。


2017/06/07 (Wed)
相続≒争続。

人が亡くなると、その人が残した財産が
少しでもあると、相続という手続きが生ずる。

まだ、そんな問題もなく過ごしていた頃
友人達の親族の、相続の話を聞いたりしたが
私にはまだ関係のある話とは、感じなかった。

ある友人の同居していた義母が亡くなって、預金通帳を見たら
百万円くらいあったそうだ。
友人は義母と同居していたし、身の回りの世話も
していたので、当然友人夫婦が相続するものと
思っていたら、夫の姉が有無を言わせず
持って行ったそうだ。
友人夫婦は、土地と家を相続するので
いいだろうと言うことらしい。

別の友人のところでは、お父さんが亡くなって
土地、建物は一緒に住むお兄さんが相続して
持っていたアパートの家賃を
姉と友人が相続したという。
皆、うまく相続できたようだ。
しかし、家族間でどのようなことが
あったかは他人にはわからない。
2017/06/02 (Fri)
2000年に父が亡くなった。

不死身だと思っていた父が。

父は29歳で母と結婚した。
母は20歳だった。初婚だと思っていたら
母が知らないうちに結婚していたそうだ。
しかし、その結婚も長くは続かず
その後母と再婚したのだ。

戦後すぐのことだったのかな。

母は子供を何人産んだのだろう。
26歳で私が無事この世に誕生するまでの
6年間に、4人くらいは授かったのかな。
私の上に2人の姉がいることはわかっている。

梁子ちゃんに、麗子ちゃん。
生まれてすぐに亡くなった。
今は、父と一緒のお墓に眠っている。

その後、私を初めとして4人を産んだ母。
今の少子化が信じられないほどだ。
しかし、産んでどのような子に
育てようとは考えたかどうか。
子供は、それでも自我を持って育つ。
両親がいることは当たり前で
一応、何不自由なくここまで来たと思っている。

父も母もなりふり構わずのところはある。
教育費はお金をかけてくれたと思う。

大学も本人が行きたければ行かせてくれた。
行かなかったり、.途中でやめたのは
本人の意志だ。
2017/06/01 (Thu)
本当にモデルームみたいに
きちんと整理整頓された部屋に
皆さん。済んでいるかな。

私は、そんな部屋を目指したいと
思っている。ケド

物が多すぎるのか。

しかし、少しずつは片付き始めている。
2017/05/28 (Sun)
他人の私には、これしか出来ない。
けれど、人ごとではなく心配している。

がん闘病中の小林麻央さんのこと。
ブログを公開していので
私のような者にも、病状がわかる。

良くないこともわかる。
ご本人はもっと、体、精神つらく
日々、一時を闘い続けているようだ。

しかし、ブログでのご様子は
すべて受け止めて、穏やかに過ごされているように見える。
こう感じさせるところは凄いと思う。

一人ではこうは行かないだろう。
家族、友人、私のような無関係の者の
応援つーか、包まれる何かを感じて
頑張れるのかな。

本当に、祈りしかない。
たぶん、もうご自身も感じていることと思うから。
悔いない人生でありますように。

少しの差はあっても、人生には終わりがある。
その日まで、頑張って悔いなく生きたいと願う。
2017/05/26 (Fri)
退社してから、土日を除き15日目。

まず、すべきことは2つあった。

一つは、国民健康保険加入手続き。
これは、会社からこの書類を持って
役所に行けば大丈夫と言われて
すぐに行って見た。

しかし、窓口に書類を出したら、これではだめとのこと。
健康保険喪失届けを会社からもらうという物。
どのように出してもらえる物か
初めての経験でわからない。
まずは、会社が健保組合に書類を出したら
健保組合から出してもらえるのだろうと
送られてくるのを待っていた。

今週になって、送られてきそうもないことに
不安になって、健保組合に直接電話した。
答えは、こちらから個人に送ることはないという。
では、会社からこちらに送られるのかと
問い合わせたら、それもないようだった。

今度は区役所に問い合わせた。
そうしたら、それらしき様式の書類があったのだ。
これは、会社も知らなかったのだ。

今更だが、やはりもっと積極的にいろいろなところに
連絡すべきだったかも。

うるさく何度もとも思ってしまったことも
確かにあった
やめてみて初めてわかったことだ。


2017/05/14 (Sun)
サクジツカラ今日の過ごし方は決めていた。

ちょっと気持ちが切れかかっている。
こんな日常であることは、ある程度わかっていた。

だって、今まで出来なかったことが
急に変えられるわけないしね。

限りなく時間が自由に使えるようになったとしても
規則正しく生活が出来るかなんて。。

そんなこと、毎日繰り返していたら
気持ちがおかしくなるかも知れない。
自分を許さないと、自滅するのだ。ワタクシは

ただ、体的には限界。これでいいはずはない。
体はやはりもう少し考えなきゃ。
立て直し。
2017/05/12 (Fri)
いろいろなことを、誕生月だからと、位置づけている。
身につける物とか、物など。
ホンジツはスマートフォンの機種変更。
しかし、機能しない。
2017/05/11 (Thu)
決まりきった日常から、解放されたことはめでたい。
けれど、自由になると何事もあきらめたら
おしまい。

お仕事をしていたときは、時間の制限に縛られていた。
これを解きたいと、切に願っていた。
これさえなければ、自分で時間をコントロール出来るって。

でも、自分をコントロールすることって
かなり難しかった。この年になると好き放題するから。
2017/05/07 (Sun)
ホンジツはめでたくない誕生日。
もう、祝われても嬉しくないかも。。
って、誰も祝ってはくれないけれど。

あっ唯一いた。サクジツ一時帰宅している母。
昨夜は、ののしりあいのけんかしたのに
今朝、私の誕生日だよと言ったら
おめでとう。だって。

生まれたのはお昼頃らしい。
今頃は産みの苦しみでも味わっていたのか。
母のほうが思い出深い日かな。

老々介護7年目になる。
初めの頃は、自宅で留守番みたいに過ごせたのに
今は、立てないし歩けない。
こうなって、自宅での介護は私一人では
無理だと感じている。


2017/05/02 (Tue)
今日はすごく気持ちをはき出したいカンジ。
本当か? 本当か?

本当だと思う。私は。
自由時間ありすぎて、かなりもてあましてる感はある。
でも、本当にもう今までの生活には戻りたくない。

それと、私を必要とはしていないもの。

私が、今の仕事に就いたときは
パソコンやネットなど無縁の世界。
時間はきっと100倍以上ゆっくりだったかも。

何をするにも手仕事だった。
計算だって記帳だって自力。
だから、あんなに人がたくさんいたのか。

今は、その半分くらいで仕事が進む。
しかし、そんな時を生き抜いてきたのだ。
すべての流れを作ってきたという
自負はある。
でも、もう終わり。私の仕事は終わり。

老兵は去るのみ。新陳代謝は常に必要なのだ。
私の身にもね。

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *